ヴェルム ラ ディビナ 古木のアイレン2020 

12.95 

カテゴリー:

説明

最高のテロワールを映す、ガストロノミックな白ワイン

ラ ディビナは、海抜695mのトメリョソとカンポ・デ・カラトラバの間の区画で生まれました。このアイレンのブドウ畑は、20世紀後期初頭に植えられました。灌漑していない、乾燥した古い畑は、ブドウづくりに半生を捧げた人々の知恵の元、植栽されました。土壌の種類や気候条件により、植栽以来、ずっと有機栽培が行われています。

ラ ディビナは、海抜695mのトメリョソとカンポ・デ・カラトラバの間の区画で生まれました。このアイレンのブドウ畑は、20世紀後期初頭に植えられました。灌漑していない、乾燥した古い畑は、ブドウづくりに半生を捧げた人々の知恵の元、植栽されました。土壌の種類や気候条件により、植栽以来、ずっと有機栽培が行われています。

ラ ディビナは、海抜695mのトメリョソとカンポ・デ・カラトラバの間の区画で生まれました。このアイレンのブドウ畑は、20世紀後期初頭に植えられました。灌漑していない、乾燥した古い畑は、ブドウづくりに半生を捧げた人々の知恵の元、植栽されました。土壌の種類や気候条件により、植栽以来、ずっと有機栽培が行われています。

発酵後、アンフォラ(ティナハ・デ・バロ: 素焼きの大かめ)で1か月間、その後、ボトリングまで攪拌せずに、澱とともにステンレスタンクで8か月間熟成しました。手を加えるのは最小限という哲学により、自然な方法で清澄をおこなっているので、時間が経つにつれて、ワインの品質に影響ない程度の、濁りが見られることがあります。

ブドウ品種:古木のアイレン – オーガニック

ラ ディビナ区画

適温:7℃〜9℃

金色を帯びた淡いレモンイエロー。華やかなアロマは、白い果実(リンゴ)、微かなバナナ、バルサミコとハーブ、カモミール、アニスやフェンネルの香りが融合し、ミネラルと白い花の香りに常に寄り添う。
その偉大さを知るまでに時間を要する複雑な味わい。ストラクチャーと豊かな酸に、アロマティックなハーブ、ミネラル、微かなアニスと柑橘系の味わいが溶け込む、なめらかでオイリーなワイン。クリーンで高い芳香が、二杯目を誘う。

 

マリアージュ:そのクリーンな特徴は、まさに地中海料理に最適。 冷たいお料理では、コルドバのサルモレホやアホブランコ。スモークしたヤギのチーズとレーズンのサラダ。 また、カンタブリアのアンチョビやマグロのモハマ。
もちろん魚介類にもぴったり。

レビュー

レビューはまだありません。

“ヴェルム ラ ディビナ 古木のアイレン2020 ” の口コミを投稿します